赤ら顔に生まれつき悩んだ男が行き着いた美容液は、●●だった!


なんで自分の顔はいちも赤いんだろう?

子供の頃は、ただただ疑問でした。親も顔が赤いことに少しの疑問は感じていたそうですが、特に気にはしていなかったそうです。

まあ私としても、疑問は感じていたのですが、特に気にしていたわけでもありませんでした。

 

ですが、思春期に入ってからは話が変わります。

顔が赤いことが気になって仕方がありません。

この時期に入ると、気になる子もできますし、組織の中(クラスの中や部活の中)での自分の立場も気になります。とにかく、周りの目線がとてもとても気になるようになりました。

 

その頃くらいから、私は自分の顔が赤いことが強いコンプレックスになっていきました。

 

このコンプレックスは周りの人から聞いたら些細なものかもしれません。

ですが、いざ自分がその立場になったら、本当にマイナス要素が大きいのです。

 

  • 子供っぽく見える
  • 肌が荒れているように見える
  • にきびがあるように見える
  • 照れているように見える
  • 緊張しているように見える
  • 小心者に見える
  • 頼りなく見える
  • 異性に対しての強いコンプレックスになる

 

こんな気持ちを抱えなければいけなくなります。

 

「人の上に立ちたいのに見た目が子供っぽい・・・・・」

「モテたいのに、子供っぽく見られて相手にされない・・・・」

 

子供っぽいという赤ら顔の特徴1つとっても、仕事やヒエラルキーや恋愛などに悪影響を与えてしまいます。

生まれつき顔が赤くて悩んでいるという人には理解できるのではないでしょうか?

 

 

こんなことではダメだ!

どうしても赤ら顔を治したい!と思った私は色々と試してきました。

 

 

  • 血行を良くする化粧水
  • ニキビ跡をよくする化粧水
  • ニキビ跡をなくすクリーム
  • 日焼け止めの徹底
  • 血行を良くするサプリメント
  • 生活習慣の改善
  • ビタミンC誘導体のサプリメント
  • ビタミンBの含まれているサプリメント
  • 顔面マッサージ

 

 

これらを試してきました。

1つの方法につき1つ試してきたわけではありません。

1つの方法につき、色々な手段や色々な方法で試してきました。

 

それぞれの方法である程度体に変化はありました。

例えば、「ビタミンC誘導体」の化粧水を使っていたら、肌がきれいになりましたし、

生活習慣を改善することで、体調不良になることはほとんどなくなりました。

 

ですが・・・・

赤ら顔を治すことはできませんでした・・・・

 

そこで、一時期諦めようかな~と考えていました。。。

本当に苦渋の決断でしたが。。。。

 

ですが、そんな時にどうしても付き合いたい女性ができました。

どうしてもです!

言葉には表せれないのですが、本当にどうしても付き合いたいと思いました。

 

そこで、再び

赤ら顔を治してやる!

と強く思いました。

ですが、どうやったら治るんだろう?と考えていたのも事実です。

なので、とりあえずその女性に会うときは男性物のファンデーションを常にぬることにしました。

このファンデーションは本当によくできていて、自分でもファンデーションを塗っているのかどうか分からないほどでした。

 

そして、とりあえずこれで誤魔化せると考えた私は、とにかくその女性にアピールしまくりました。

 

・大人っぽく振舞う

・レストランでは必ずおごる

・落ち着きのある男を演じる

 

など、私は大したことが思い浮かばないのですが、なるべくモテる男を演じられるようにしました。

ファンデーションで誤魔化せていたおかげか、自分でも全く赤ら顔が気にならなくなり、前よりもほんの少しだけ自信をもって彼女に言い寄ることができました。

 

 

そして、その努力もあって何とか彼女と付き合えるようになりました。

ですが、この後落とし穴にはまることになるのです・・・・・・。

 

 

無事付き合えるようになり、お互いに家に泊まるようになりました。

当然夜の営みもあります。

私としては、付き合っているから赤ら顔なんて気にしないだろうと思っていました。

 

しかし、そんな時にふと彼女が言ったのです。

「なんか最近いつも顔が赤いよね・・・」

 

私はドキッとしたのですが、そんな大したことだとは思わずに

「まあ」

と言って流しました。

 

ここでは、付き合っているという油断が生まれていたのです。




そして案の定フラれることに。。。

フラれた理由は分かりません。

もしかしたら性格が合わなかったからかもしれません。

元々気分で付き合ったのかもしれません。。

 

 

ですが、赤ら顔のせいだとどうしても思ってしまうのです!

ここで自覚しました。

「赤ら顔からは逃げられないな」と・・・。

そこで、徹底的に赤ら顔について調べることにしました。

 

 

赤ら顔になる大きな原因は2つでした。

 

  • 皮膚が薄く、皮膚の下の毛細血管が見えるから

 

  • 皮膚自体が赤くなるから

 

理由はこの2つです。

2つ目の理由に関してはよくわからないかもしれませんが、ニキビ跡やアトピーなどがこちらにあたります。

もちろん、緊張や照れなどもこの理由にあたります。

 

この2つの理由を調べたときに絶望的な気分になりました。

それは当然です。

 

私のように、生まれつき顔が赤く、肌がきれいな時期にも顔が赤いということは、間違いなく赤ら顔の原因は「皮膚が薄い」からです。

 

・・・・・

皮膚が薄いのが悪いなんてどうすりゃいいの?

 

これがとっさに思ったことです。

 

そりゃそうです。

筋トレをすれば皮膚が厚くなるのか?

・・・・・そんなわけありません。

 

皮膚が荒れないように手入れすれば、皮膚は厚くなるのか?

・・・・・そんなわけありません。

 

 

そうやって考えているうちにも、現実逃避として赤ら顔を治すという商品を片っ端から試してみました。

これは、問題を解決できない人が行う愚かなことだと思います。

今なら絶対にそのような手段をとることはないでしょう。

 

しかし、この愚かな行動のおかげで私は大きな悩みを解決することになるのです。

 

 

 

生まれつきの「赤ら顔」という悩みを解決する商品に奇跡的にぶち当たることができました!

その商品は私のように生まれつき皮膚が薄いがために赤ら顔になってしまうという人にも効果のある商品だったのです。!

 

商品のページにその理屈は書いてあります。

ですが、私にとってはそんなのどうでもいいことです。

(まあ私がその理屈を理解できなかっただけなのですが・・・www)

 

まあとにかく!赤ら顔を改善していくことができました!(皮膚が厚くなったのかな?)

 

 

ようやく!

ようやく!

ようやく!

 

 

という気分でした。

今まで赤ら顔を解決するためにいくら使ったのか分かりません。

 

彼女にフラれてからは

「手術で治るなら手術する!」くらいの感覚で向き合ってましたからwwww

(それくらい思ってたからこそ、自暴自棄になり片っ端から手を付けたんでしょうけどね)

 

 

赤ら顔が治って思ったことがあります。

赤ら顔を治すことで、

  • 大人っぽく見られるようになった
  • 頼られるようになった
  • 女性の前でも堂々とできるようになった。

 

など様々な利点がありますが、本当に1番大切なことは、

「生まれつきのコンプレックスをなくすことができた!」

ということに尽きると思います。

 

私は「人生楽しく過ごすには、自己満足できるかどうか」だと思います。

そんな中で、コンプレックスを解消することはとても価値があることと言えるでしょう。

 

コンプレックスの解消は、自分の幸せ度に直結することですから!

 

ここには示しませんが、赤ら顔がなくなったおかげで当然周りからの見方も変わってますからね?

 

このページを見ている皆さんには、「赤ら顔」という簡単に治ることで悩んで欲しくはないです。

本当に簡単に治せることなので。。。

(まあ私の場合はですけどね・・・)

(他の人が使っても治るかどうかなんて知らないですけどね・・・・)

 

 

私のように「生まれつきの赤ら顔」で悩んでいる人は、ぜひを使ってみてください。

絶対に「アトピー」や「ニキビ」で顔が赤いという人は使わないようにしてください!

そんな人は、もっと別に良いものがあると思うので。

 

あと、大して悩んでない人にもおすすめはしません。

お値段もそこそこしますから、もし治らなかったときに絶望感がすごそうなので。。

 

ただ、ずっと悩んでいたという人にアカラフォーミュラ(美容液)
はおすすめできます。